本書は、WordPressの開発方法を学ぶことができます。 WordPressは、過去20年の間に、全ウェブサイトの3分の1以上を動かすCMSに成長しました。 WordPressの開発に熟達すれば、もう仕事に困ることはないでしょう。 シンプルなブログシステムとしてスタートしたWordPressは、ここ数年で、フル機能を備えた広く利用されているコンテンツマネジメントシステムへと変貌を遂げました。 WordPressは、世界中の個人や企業に、クローズドソースで非常に高価なシステムに代わる、無料かつオープンソースの選択肢を提供しています。 プラグインという形で必要な機能を追加することができるため、フル機能を備えていると言っても、実際にはそれだけです。 WordPressの基本はシンプルで、必要な機能をプラグインで追加していくことです。 プラグインを開発することで、自分の得意分野をアピールし、ユーザーの役に立ちながら、自分の知らないWordPressの部分には手を出さないという、巨人のような立ち位置が可能になるのです。 この本の初版の序文を書いた9年前、私は会社を興したばかりでした。その後、会社は100人を超える規模に成長し、私たちのプラグインは1000万以上のサイトで利用されていますが、これらはすべてオープンソースとプラグインの力によるものです。 私が趣味でWordPressのプラグインを開発し始めた15年前に、この本があればよかったと思いました。 それ以来、数え切れないほど参考にし、今でも定期的に新しい同僚にこの本を渡しています。 本書の著者は、常にWordPressコミュニティにおける良質な情報源であり、素晴らしい力を持っています。 それぞれが専門家であり、この本を執筆するために集められた最高のチームのひとつであり、彼らが第2版でここにいることをうれしく思います。 WordPressは、言葉、音、映像を通して、人々が発言することを容易にします。コードを書く人にとって、WordPressはコードで自分を表現することを可能にします。 しかも、シンプルです。誰でもWordPressのプラグインを書くことができます。このガイドを片手に、WordPressの本来のビジョンである「コードは詩である」に忠実なプラグインを書きましょう。 WordPressで壊れたプラグインを有効化しても、サイトが壊れることはありません。プラグインが致命的なエラーを引き起こした場合、WordPress は大惨事を引き起こす前にプラグインを自動的に無効化します。このフェイルセーフ機能により、新しいプラグインを有効化してテストする際のリスクを軽減することができます。プラグインが死の白画面(エラーメッセージ)を引き起こした場合でも、あなたは簡単にあなたのウェブサーバー上で直接プラグインフォルダをリネームすることができ、WordPressはプラグインを非アクティブにします。このため、不正なプラグインがエラーのために自分のサイトを閉め出すことは不可能です。一方、WordPress Coreをハッキングした場合、致命的なエラーを引き起こし、ウェブサイトをクラッシュさせる可能性があります。   プラグインをアンインストールする最初の方法は、plugin フォルダのルートに uninstall.php ファイルを作成することです。これは最もよく使われる方法であり、推奨されるルートです。uninstall.php を使用すると、アンインストールのコードがプラグインの他の部分から分離され、他のプラグインファイルから任意のコードを実行できなくなるので、プラグインをアンインストールする方法として推奨されています。理想的には、プラグインは任意のコードが実行されないような構造であるべきです。しかし、uninstall.php はこれを防御し、ファイル内に含まれるコードのみが実行されるようにします。また、アンインストールコードを実行する前に、WP_UNINSTALL_PLUGIN が設定されていることを確認することも重要です。そうでない場合、このファイルが誤って呼び出され、プラグインがすべてを削除するはずのないときに削除してしまう可能性があります。次の例では、アンインストール手順が定数をチェックし、この章の前の「プラグイン有効化フック」のセクションで追加した pdev_manage ケーパビリティを削除していることがわかります。   コーディング標準 プラグインを専門的に開発する場合、一連の標準に従うことは重要です。なぜなら、コードの長期的なメンテナンスが容易になり、また他の開発者があなたのプラグインから学んだり、あなたのプラグインに貢献したりすることが可能になるからです。WordPress は、コアとなるソースコードのコーディング標準を維持しています。これは、プラグインを作成する際の良い出発点となります。 WordPress のコーディングスタンダードは、 https://make.wordpress.org/core/handbook/best-practices/coding-standards   get_optionは、要素がない場合は、falseを返す。Boolでtrue, falseをセットするのではなく、1と0をセットしたほうが良い。 オプションの値をチェックする際にエラーが発生しないように、true と false を 1 と 0 として保存しておく必要があります。 これは、オプションが存在するかどうかをチェックするために、 get_option() の戻り値をブール値 false と厳密に比較する必要があることも意味します。  
Autoload パラメータの切り替え autoload パラメータは、add_option() でオプションを作成したときに設定され、 その後変更されることはありません。とはいえ、もしオートロードの挙動を変更したほうがプラグインの効率がよくなると思うなら、それは可能であり、簡単です。単にオプションを削除してから、オートロードのパラメータを明示してオプションを作り直せばいいのです。 注意 経験則として、もしオプションがブログの公開部分で必要とされるなら、オートロードで保存してください。管理者のみで必要な場合は、autoload なしで保存します。 autoload パラメータは、add_option() でオプションを作成したときに設定され、その後変更されることはないはずです。とはいえ、もしオートロードの挙動を変更したほうがプラグインの効率がよくなると思うなら、それは可能であり、簡単です。単にオプションを削除してから、明示的にオートロードのパラメータを指定して再作成すればいいのです。 www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
PAGE TOP